YUKIKOYANO

幸せがたくさん咲きますように☺

【育児アイテム】テーブルチェア『イングリッシーナファスト』の感想

 食事の時に娘を膝に乗せて食べるのが少しつらくなったので母に「これがほしいです」とURLを送りつけて購入してもらったものです。使用した感想です。
casarich.co.jp

※個人の感想です。

商品情報

対象年齢 5カ月頃~36カ月頃まで
許容荷重 15kg
サイズ 使用時:W35×D42×H27cm
トレー装着時:W40×D52×H27cm
折りたたみ時:W35×D42×H10cm
重さ 1.9kg (トレー込2.2kg)

 

同じテーブルで食事が出来る

 赤ちゃんをローチェアに座らせたり抱っこしたまま赤ちゃんと食事する場合に、自分は後回しで赤ちゃんに先に食べさせることがほとんどになります。自分は後でゆっくり食べよう、なんて思っていたけど結局食事の後にオムツかえたり寝かしつけをしている間に自分の食事のタイミングを逃してしまいます。なぜ一緒に食事が出来ないのか。それはローチェアの場合は赤ちゃんに食べさせるためにスプーンや食器を持ったまま、食事を赤ちゃんの口に運び、自分の箸などを持ち帰るという作業が煩わしくなるということや、抱っこしたままの場合は自分の食事が抱っこしている赤ちゃんに落ちてしまう可能性があるからです。汁物をこぼしてしまい抱っこしている赤ちゃんにかけてしまうと大やけどになります。

 同じテーブルで一緒に食事がとれるというのは「おいしい?」と一方的な問いかけだけではなく「おいしいね」と共有ができます。


テーブルさえあればどこでも設置

 ハイチェアは食卓テーブルの高さとチェアの高さが合わない場合があります。テーブルの高さに左右されずテーブルに直接取り付けることができます。

シートが丸洗いできる

f:id:yuki-freestyle-sk8:20190615102558g:plain

 

 毎食といっていいほど赤ちゃんは食べこぼします。染み込んだとしてもシートごと洗えます。しっかりした作りなので”洗濯しすぎでどんどん穴が開いたり糸がほつれたり”ということは全くありませんでした。

 ただ、テーブルから取り外し、解体してシートだけを取り出す作業はかなり大変でした。

casarich.co.jp

オプション購入になりますが、チェアを外さずにカバーだけを洗濯することができます。これも一緒に母におねだりすればよかった、、、。

すっぽり収まるので見栄えもかわいい

 ベルトで固定も出来るし、背もたれがかなり高いので赤ちゃんがしっかり背中をつけて座ることが出来ます。

f:id:yuki-freestyle-sk8:20190615102950g:plain

足がブラブラするので踏ん張れず赤ちゃんが自分で立ち上がる心配がありません。かなり長時間おとなしく座って食べてくれたのですごく助かりました。

持ち運びも出来る(専用のトート袋がついている)

 

f:id:yuki-freestyle-sk8:20190615103336g:plain

f:id:yuki-freestyle-sk8:20190615103400g:plain

使用していた期間に持ち運んでいないのでこのメリットについては実感することはできませんでしたが、外出先や外食の際に子ども用椅子がなければとても便利だと思います。

専用トレーが簡単に取り外せるので片付けが楽 

f:id:yuki-freestyle-sk8:20190615103555g:plain

casarich.co.jp

 f:id:yuki-freestyle-sk8:20190615103738g:plain

トレイを何度取り外し取り付けたか、、、。毎食掃除しましたからこれがなければもうチェアの設置を断念したかもしれません。

シートの買い替えが可能(種類が豊富)

 うちは赤を選びましたが他にもかわいいカラーがあって、どの色もかわいいです。取り外しを頻繁にするものではないのでインテリアにあった色が選べることはとても嬉しいと思います。私は嬉しいです。

 

ここからは私が気になった点です。

 

飛び跳ねるとテーブル全体が揺れる

 1歳頃から歩き回れるようになると、固定していてもベルトを自分で外して椅子の上で飛び跳ねるようになりました。当時うちは安い薄いテーブルだったので娘が飛び跳ねる度にテーブルが横に倒れそうになったり、真ん中からしなり出しました。最終的にはテーブルの足が折れて買い替えることになりました。これは飛び跳ねたことが原因なのか、テーブルが安かったからなのか。どっちでもですかね。

設置したままなのでテーブルがすっきりしない

 私は性格的に食事にをしていない時のテーブルには何も置きたくない派なんですが、チェアを設置したままだったのでなんとなくテーブルを圧迫しているような気持ちになりました。

接触しているアーム部分のテーブルが傷ついている場合がある

 これも当時のうちのテーブルが安かったからなのか、アームの部分にあたっているテーブル面裏側の塗装が剥がれました。チェアのレビューを見ると、同じように塗装が剥がれるので板や布をかませているという工夫をしている人もいました。私は塗装が剥がれたのがテーブルの裏側なのでまぁ別にいいや、と放置しました。

テーブル全体が汁物などで汚れた場合に取り外すのが手間

 専用トレーを設置していてもアームから少し浮いた状態になるので、横で汁物などをこぼしたときにアームの隙間に汁やら食べかすやらが入り込んでいました。

一人で乗り降り出来ない(必ず大人が抱っこしなければいけない)

ハイチェアやローチェアは床に近かったり足場があったりするので、一人で椅子にのぼったり座ったり、少しの補助で本人の達成感が得られます。しかしこのテーブルチェアは高い位置にあり子供が一人で座れないので、食事の度に子供を乗せたり降ろしたりする作業があります。子供は最後までしっかり食事しなかったりするので途中で降ろしたり、また食べたいと言ったりで乗せたり降ろしたりが重労働になってきます。 

持ち運びが出来るが出かける時の荷物としては優先度が低い

 『外出先や外食の際に子ども用椅子がなければとても便利』と先に書きましたが、外出の時はオムツや着替えなどの他にもかさばる荷物が多くなり、テーブルチェアを持ち出すくらいなら、ベビーカーに乗せたまま食事すればいい、となります。そして、「ベビーカーは店の中ではたたんでください」というお店には入らない、とか最近はベビーチェアはかなり常備されているので外出準備での優先度は低いと思います。

類似品と比べると高価

 テーブルに設置するタイプのものは他にもたくさんあり、安いものもたくさんあるようです。

ただ使用条件がそれぞれ違います。うちもおねだりするのに安い方が言いやすいなぁとは思ったんですが、設置するテーブルの厚みの条件がなかなか当てはまらず、高価なチェアを買ってもらえました。

 これもですが『あると助かるアイテム』なので『なくてもそれなり頑張れば過ごせる』というものです。新品にこだわらないのであれば、リサイクルショップに売られている場合もあるので中古品でも充分だと思います。