YUKIKOYANO

幸せがたくさん咲きますように☺

【育児アイテム】スリング『AKOAKOスリング』の感想


AKOAKOスリング(使用可能:新生児~3歳)

娘を出産した際に、息子もずっと自宅では退屈そうだったので早くお出かけをしたいというのがありました。ただ今まで使っていた抱っこ紐では対象年齢ではなかった(首が座っていなかった)ので使用できずベビーカーもあまり有効ではなかったのでスリングを購入しました。
首のすわっていない0ヶ月の赤ちゃんから使用できる、とてもかわいいスリングは人気もあり、周りからの評判もよかったのでお出かけがとても楽しくなりました。

中で寝ている赤ちゃんがかわいい

f:id:yuki-freestyle-sk8:20170604101737j:plain

 一般的な抱っこ紐と違い、袋に丸くなって寝ている娘はすごくかわいかったです。おなかにいた時もこんなふうに過ごしていたのかなぁと思います。手足がバタバタしていると不安になって泣いてしまう赤ちゃんもいるので、おなかを合わせて抱っこしている状態よりも丸くなった赤ちゃんを抱えている方が赤ちゃんが泣くストレスや「泣くかもしれない」と不安になるストレスも減ったような気がします。これは二人目だからこそ感じれることかもしれません。

見た目がとにかくかわいい

 スリングが珍しいのか他の人が使用しているのを見かけることはあまりありませんでした。ですのでよく声をかけられました。たまたま買い物に行った場所で同じようなスリングをしているママにいきなり声をかけられることもありました。そのママのスリング姿もやっぱりかわいいなと思いました。

日焼けしない

 抱っこ紐は手や足が出ていて外出するとすぐ日焼けしていましたが、スリングはすっぽり袋の中に入っているのでほとんど日焼けすることはありませんでした。一応日焼け止めは塗りましたが。

とてもコンパクト

 ハンドタオルほどのサイズにまで折りたたむことが出来ます。外出先で赤ちゃんをスリングからおろした時にもさっとたたんですぐカバンにしまえる、とても持ち運ぶのにもストレスのないものでした。抱っこ紐ではここまでコンパクトに収納出来ないと思うので、だいたいの抱っこ紐は装着したまま用事を済ましていると思います。赤ちゃんをすぐ抱っこできるというメリットはありますが、抱っこしていない時も下げているママを見た時に紐が引っかかったり踏んだりしているので危ないなぁと思いました。

 

一般的な抱っこ紐より安価

私が初めて購入した抱っこ紐はBuddyBuddyの抱っこ紐でした。 

 これが約1万円なのだそうです。なぜ”なのだそうです”なのかというと、私はこの抱っこ紐を母に買ってもらったからです。

 ちなみに先に”首が座っていなかったので使用できなかった”と書きましたがこちらは

f:id:yuki-freestyle-sk8:20190614124533j:plainf:id:yuki-freestyle-sk8:20190614124556j:plain

こんなカンジで横抱っこできます。でもなんかしっくりこなくてやってません。

※写真は私じゃありません。

一般的な抱っこ紐はだいたい1万円~が相場だと思いますが、スリングはその半額以下で購入できることになります。

洗濯できる

 金具やベルトなどがないのでそのまま洗濯機で丸洗いできます。テープ型のオムツを使用する場合にはあまり腰回りのギャザーがないので結構背中からウンチが漏れていた李します。この頃の赤ちゃんのウンチはまだまだ緩いですから。さっと手洗いしてさっと洗濯機に入れる、干せばすぐ乾くという、旦那の服はまぁ明日でもいいとして、赤ちゃんのウンチ漏れしたものは放っておくわけにはいきませんからね!

 

ここからは私が少し気になった点です。

スリングの中に入れるまでにコツがいる

 片手でスリングをもって、逆の手で赤ちゃんの足をM字にさせる、おしりをささえ肩に乗せる、袋に座らせるように入れる、など慣れるまでコツがいります。うまく赤ちゃんが入らなければやり直したり、赤ちゃんが落ち着く形にもっていくまでに時間がかかります。また少し動いたらまた入れなおす、という作業もしました。

固定するものがない

 袋の中に入れるだけなので、赤ちゃんを固定するベルトなど無く、かがんだりすると赤ちゃんが袋から落ちてしまう可能性があります。おしりに布をあてておんぶする使用方法もあるらしいですが、赤ちゃんが落ちるのではないかと心配で一度も試しませんでした。

片方の肩だけ痛くなる

抱っこ紐は両肩に負荷を分散させますがスリングは斜め掛けするので片方の肩だけに負荷がかかり長時間抱っこするのはとてもツラかったです。カバンの斜め掛けと似ていて、効き肩があるのか逆の方にスリングをかけると違和感でうまく抱っこできず不安定になるので同じ肩にかけて抱っこし続けました。

使用できる期間が短い

 新生児から3歳までと設定されていますが、私は赤ちゃんがスリングに収まらなくなる1歳前後で使用をやめました。赤ちゃんがだんだん重くなり片方の肩だけに負荷がかかることに耐えられなくなったり、動きが活発になることで落下してしまうことが不安だったからです。

サイズ調整出来ない

 スリングにはリング付きの調整できるタイプと私が購入した袋タイプのものがあり、リング付きのものはそのリングが肩などに食い込んでいたい、というレビューがあったり、紐の設定を間違えるとほどけて赤ちゃんが落ちてしまうのでないかと心配になったので袋タイプを購入しました。調整が出来ないので小柄な私に合わせて購入したスリングは旦那が使用できず、ほぼ私が赤ちゃんを抱っこしました。

ハンドメイドできたかもしれない

作りが簡易なので、もしかしたら自分で作れたかもしれません。抱っこ紐は難易度高い

しおそらく安全面でも自分で作るのは危険かもしれませんがスリングは何て言うか、、、商品を受け取った時の感想は「かわいい!」と同時に「こんな単純な作りなのか」というものでした。

kurashi-no.jp

先に知っていれば作ったかもしれない、、。

 

娘もスリングを卒業したので、使わなくなったスリングは 

www.yukikoyano.work

 しっかり娘用の袋にリメイクしました。