手書きで心を整える

心の整理と計画のための手帳活用法

MENU

夏に向けて貯金しっかりしよう:2024年06月フォーマット

ありがとうございます!いつか恩返しします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ 

来月の家計簿フォーマットです。おだやかに過ごせる唯一の30日です。たぶん。

 

 

 

 

予算の内容

左に予算、右に実績を記入します。

収入・・・旦那様の給与(経費精算含む)のみを計上しています。私の収入は別のところにあり、児童手当はそのまま子供口座に貯金のため、こちらには計上しません。

支出・・・発生ベースで計上しています。そのため、実績については締め切りから完成まではクレジット明細が確定する次月の中旬になります。

 見ての通り、ざっくり「携帯代」「習い事」など項目別にせず、まず旦那様、私、息子、娘とそれぞれで細かくあげています。理由は「私がどれだけお金のかからない嫁か」というのを主張したいからです。つまり家計簿をつけるということは私の自己満です!

 学校は、それぞれ給食費(毎月固定4,600円)や教材費など(年2回発生8,000円くらい)です。

 習い事は、それぞれそろばん(6,000円)、かけっこクラブ(5,500円)、公文(7,700円)です。

 お小遣いは、毎月のもの、それから絵描きお仕事依頼を合わせて予算たててます。

www.yukikoyano.work

 

貯金・・・家用として月々5万円プラス夏冬ボーナスを各20万にすると年間100万となるかと。とはいえ特別費がオーバーしたら即マイナスになります。

 貯金のKとかEは子供用で、毎月体重を計測して、その数値を貯金しています。コツコツです。例:息子28.20kg→2,820円、娘15.80kg→1,580円

 少額ではありますが、毎月かならず貯金ができることや、通帳を見ると当時の体重がわかるという思い出作りみたいなところもありますが、体重が50Kgになるとなかなかつらくなりそうです。ネットバンクを利用して入金しており、通帳記入が煩わしいのでこちらも手書きにて管理していきたいと思います。

 

日常の出費

 毎日の出費を記入します。

特別費・・・日常的になくても生きていける出費です。イベント費や娯楽、車維持費っていう完全な私の主観で分別してます。なくてもいいっていうのは余計なものっていう意味ではなくて、必要最低限というところのボーダーの上にあるものです。だいたい2万円くらいを予算としてます。

生活費・・・日々の食費、生活必需品のものです。8万くらいを予算としています。高いかもしれませんが、低く設定してイライラするよりはこのくらいで1人1食200円×1日3食×30日×4人=72000円。こんくらいかなっていうだけです。

 

ページの作り方

 家計簿のページの作り方について説明しています。

 よかったら参考にしてみてください。使用しているマステや文房具などもこちらに載せています。

→まだ製作中です。しばらくお待ちください!