【リメイク】手作りマスク

f:id:yuki-freestyle-sk8:20200225095227j:image

マスクを初めて作りました。

 

 

新型コロナや花粉症やら予防が絶えない毎日ですが、マスクが全く手に入りません。ついにうちもマスクが底を尽きてしまいました。

手作りのマスクよりも販売されているマスクの方が効果が高いといっても、手に入らないのでは仕方ない。少しでもコロナや花粉を予防をするためにそしてスッピンでも外出できるように私にはマスクが手放せなくなっています。

 

型紙はこちらのを参考にさせていただきました。マスクって本当に簡単に作れるんですね。

book.nunocoto-fabric.com

難しいのが生地ですね。ちまたではマスクに最適な「ガーゼ生地」なるものさえ売り切れているという噂です。マスクを作るためにお店に買いに行っている間にも感染したり花粉に襲われる可能性だってあるわけです。けっして外出がめんどくさいというわけではありません。

というわけで自宅で余っている生地で作ることにしました。

f:id:yuki-freestyle-sk8:20200225095233j:plain

 まず、ゴム。これはヘアゴムです。丸ゴムなので耳が痛いかもしれませんが、白い平たいゴムだとなんかかっこよくない気がしてこれを使うことにしました。マスク不足の危機なのにカッコよさ求めるの間違ってそうですけど。

 それからジーパン風パンツ。これはH&Mで買ったんですけど、息子同級生ママが同じものを履いていて屈しました。「お揃いで嬉しい!」というより「なんか気まずいw」という気持ちが買ったので、リメイク生地にまわしていました。

 そして内布はガーゼがおすすめということだったのですが、あいにくうちにはガーゼ生地はありません。一番肌に優しそうな、、、と選んだ結果、息子が生まれた時に病院から退院した時にしか着ていないおくるみセットの服です。ちなみにおくるみは息子の幼稚園の手拭きタオルにリメイク済みです。 

www.yukikoyano.work

 

 

そして完成しました。

f:id:yuki-freestyle-sk8:20200225095229j:plain

これで息子の幼稚園の送迎地獄から抜け出せそうです。

洗濯したとはいえ自分のズボンを臭うのは酷だーと思っていたので、息子の服で緩和されたような、でもガーゼじゃないからかズボンの通気性が悪いからか、すごく息苦しいです。ちゃんとした生地で作るのがコツだと思います。でも通気性が悪いということは鉄壁ということじゃないかと思って使います。