ハンドメイドのきっかけ

私がハンドメイドを始めたきっかけは、外出用のオムツ入れと哺乳瓶入れです。

f:id:yuki-freestyle-sk8:20150305225504j:plain
これ。おお、なつかしい。

外出用のオムツ入れをネットで探していたんですが、「毎日使うものだから」とか「長く使うものだから」とかいろいろ悩んでいました。
あぁ、ちょっとめんどくさい、、、わからない、、、。もう作るか、となりました。

オムツ入れに悩んでいた私にアドバイスをしてあげるなら、「作ったのは正解だった」ということと「”オムツ入れ”に固執する必要ない」ということですかね。

家で育児する時は必要ないですが、外出する時にオムツを入れる袋があると便利です。ただ既製品の”オムツ入れ”である必要はないなぁと思いました。

・オムツ

・おしりふき

・ゴミ袋

・必要であればオムツ替えシート(レジャーシートのようなもの)

まぁこれだけ入ればどんな袋でもよいということですかね。

シートについては、最近ではオムツ替えの設備が完備されている施設が多くなりました。あかちゃんの首が座るまではどこでオムツをかえるかわからないので常備しておくと便利ですが、親の上着を広げてでも出来ますのでわざわざ買ったりする必要もないような気がします。潔癖な方やプレゼントでもらった場合には利用するのがいいとは思いますが、とにかく外出時はオムツだけでなく着替えや飲み物やおやつなどとても荷物が多くなるので引き算した時にそこまで優先度は低いような気がします。

 

オムツもふわっとしたものが多く、5~6枚をカバンにいれるととてもかさばるので密封出来る袋で持ち運ぶ方も多いようです。

www.ikea.com

IKEAのプラ袋を利用している方も多いような気がします。オムツだけでなく着替え袋としても多いですかね。とても便利ですし、汚れたら捨てやすいのもあるかと思います。

 

中身が見えると共有しやすい、というのもあると思います。育児も家事もみんなが把握できている方がやりやすいというのでしょうか。うちはよく私が気分で部屋の模様替えをしたり「この箱のベストポジションはここなのだろうか」とか考えながら生活しているのでいろいろベストポジションが決まるまであっちこっち移動します。旦那は「もう何がどこにあるか全くわからない」と言うことが多いです。す、すいません。

 

オムツも中身が見えていると出かける際にパパがオムツセットの準備をしてくれる、とかパパがオムツ替えをしてくれるの時に迷わずオムツを取り出せる、とか。あとは預けている時に把握してもらいやすい、というのも利点ですね。

 

うちも4年ほど使い続けましたが現在は使っていません。ほとんどチャック付き袋で済ませています。

作ったオムツ袋は押し入れに保管しています。別の使い道を考えているんですが必要ないんですよね、、、。なんかそれも寂しいw